VB会戻り

密教 につながる呪術的な側面があります

故説般若波羅蜜多呪 即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経

こせつはんにゃはらみたしゅ そくせつしゅわ ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか はんにゃしんぎょう

ですからこの智慧を完成させる呪文を教えましょう。故に般若波羅蜜多の呪(しゅ)を説く。即(すなわ)ち呪を説いて日(いわ)く、羯諦羯諦(ぎゃていぎゃてい)、波羅羯諦(はらぎゃてい)、波羅僧羯諦(はらそうぎゃてい) 菩提薩婆訶(ぼじそわか) 般若心経(はんやしんぎょう)

現代語訳は呪文(完成された智慧よ、完成された智慧よ、完全に完成された智慧よ、最高に完全に完成された智慧よ、その悟りよ、幸あれ・・・。 と訳すのは?

ここに、知恵の完成の心を終わる。

また

その真言は、知恵の完成において、次のように説かれた。「往(ゆ)ける者よ、往(ゆ)ける者よ、彼岸に往(ゆ)ける者よ、彼岸に全(まった)く往(ゆ)ける者よ、さとりよ、幸あれ」ここに、知恵の完成の心を終わる。


などなど訳者によりいろいろです


【解説】


故説般若波羅蜜多呪 即説呪日
「般若波羅蜜多心(プラジュニャーパーラミターフリダヤ)経」は、
「悟りに至る智慧(智慧の完成)の核心の教え」という意味になります。


「般若」は「智慧」、「波羅蜜多」は「悟りに到達する」あるいは「完全な」、
「フリダヤ」は「心臓」で「核心」という意味です。


「般若波羅蜜多」という言葉がそのものが、すでにすぐれた真実の言葉です。
それを、さらに、「呪 じゅ」で説いています。
心経の真髄であるから、玄奘三蔵法師も翻訳していません。
どの道でも、奥義というものがあります。



羯諦 羯諦
ギャティ(言語はガテー)は、ゆり根の皮を剥くように「取り除く」という意味です。
執着を取り除いて空に持っていこうというので「自覚」をさすという人もいます。



波羅羯諦
ハラギャティ(言語は、パーラガテー)は、他の執着を剥ぐことで、他人を悟らせるにあたる という人もいます。



波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
ハラソーギャティ・ボジソワカ(言語はパーラサンガテー ボーディスヴァーハー)は、
結局、自覚・覚他・覚行円満(さとりと実践とがともに満たされる9と言うことだそうです。



般若心経とは、「般若」とは、バーリー語のパンニャーを音写して「般若」の字を当てています。
意味は「知恵」です。


【補足】


真言の思想 お経の後半部では呪文(真言・マントラ)を称えています。ここには大乗仏教のお経信仰 や後の 密教 につながる呪術的な側面があります。「真言」というのは、お経の智慧 の本質を象徴する言葉のことです。お経の智慧を理解していれば、「真言」を唱えることで、それを思い起こすことができると言います。一般に「真言」は、その意味よりも 言葉の響きが重要 だとされますので、「般若心経」の「真言」も訳さないことが多く、また、その本来の意味も良く分らないと言われています。




恭仏院恭博


鐘楼は鳴らして時刻を知らせる為の施設です。ただし、梵鐘は単に時報として撞かれたものではなく、その響きを聴く者は一切の苦から逃れ、悟りに至る功徳があるとされるものですね。
この掲示板を訪れた貴方は、この広告をクリックすることで功徳があるといいですね。信じるものが救われると言います。さあ、お布施代わりに1クリックをVB会に寄付しましょう!